« 「齋藤孝のイッキによめる!名作選 」(4年生) | トップページ | 今日はおやすみ。 »

2006年2月18日 (土)

「PYGLI」 いとう・きょう著

再び伊藤恭先生の著書のご紹介です。

心と能力が同時に育つ/本物の幼児教育PYGLI」 

いとう・きょう著 ㈱ピグマリオン

評価 ★★★★☆

以前ご紹介した伊藤恭先生の「本物の幼児教育とは」は残念ながら書店で購入することができません。
今回ご紹介するこちらの本は、関西の大手書店の店頭で見かけましたので、一般の書店で取り寄せなどが可能だと思います。

「本物の幼児教育とは」を読まれた方はほぼ同様の内容ですので、これを改めて読まれる必要はないかと思いますが、読んでみたいけど、直接ピグマリオン教育研究所などにお問合せされることを躊躇っておられた方などにはこちらなら書店で入手できるのではと思います。(残念ながらアマゾンでさえ扱っていないようですが。。。)

内容としては、以前ご紹介した「本物の・・・」の方が濃いと思いますが、こちらはその本からエッセンスを集めた形で読みやすくまとめられています。ただ、短くまとめられている分、多少物足りないところはあるかもしれません。(可能であれば「本物の・・・」の方を読まれることをお勧めしますが。)

目次からいくつか項目をご紹介すると

心や能力が成長しなくても、目には見えない

長い間学んだ英語、今、話せますか?

愛情こそ、心と能力を育てる

知性は、指の先から生まれる?

脳は、考えることが楽しい

高い能力は「教え」られない

心の安定こそ高い能力のみなもと

このほかにも、ピグマリオンの理念、指導法、いかにして素晴らしい子どもが育つのかなどがまとめられています。

私がこの指導法を素晴らしいと思う最大の理由は、能力や学力だけでなく、心をも育むことを大切にしているということです。
心だけでもなく、能力・学力だけでもない。その両方が育めるとしたら、そんな素敵なことはないと思うのです。

幼児をお持ちの方、幼児を指導しておられる方には、是非一度伊藤先生の著書を読んで頂きたい。
心からそう思っています。

|

« 「齋藤孝のイッキによめる!名作選 」(4年生) | トップページ | 今日はおやすみ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/8719538

この記事へのトラックバック一覧です: 「PYGLI」 いとう・きょう著:

« 「齋藤孝のイッキによめる!名作選 」(4年生) | トップページ | 今日はおやすみ。 »