« 「最強の勉強法-究極の鉄則編」 吉田たかよし著 | トップページ | 今日は更新できないかも。 »

2006年2月 4日 (土)

「あなたに奇跡を起こすやさしい100の方法」コリン・ターナー著

数年前、精神的にきつかった時期に読んだからのご紹介です。

「あなたに奇跡を起こすやさしい100の方法」 コリン・ターナー著 PHP文庫

評価 ★★★★

アマゾンで検索したのですが、驚いたことに、文庫のユーズドは5円から、なぜか単行本のユーズドは0円や1円から出品されていました。でも、読者レビューは結構高いのです。
ご興味がある方にはとってもお得かもしれません。(しかし、なぜそんな価格でまで売るのかかなりの疑問です。。。)

以前書いたことがあるかと思いますが、私が読む本は基本的にほぼ全て日本人が書かれた本なのですが、自己啓発、精神世界の本に関してはやはりどうしても外国の方が書かれたものが多いですね。

この本ではタイトル通り、「奇跡」を起こす方法が100に渡って紹介されています。一つ一つが短いので、もくじだけを見て気になったところを先に読むというような読み方もできそうです。

本書の初めに「推薦のことば」が書かれていますが、そこにこのような文があります。(以下青字部分引用)

 多くの人々は、自分の中の可能性をどう活かすかを学ぼうとしない。多くの人々にとって、自分を知り、自分を信じ、自分の人生を支配し、目的に突き進むことは、難しいことのようだ。いったい、どうしてなのだろう。
 私はこうした自信のない人々が、より幸せで実りある人生を築くために、コリン・ターナーの説得力あふれる本書を推薦したい。

外国人の言葉を翻訳したなというのがよくわかる文ではありますが、ひと言で言うと、誰でも読んで参考にできるよということのようです。

では、100の項目のうち、いくつかをご紹介します。

第1章から
挫折は成功の前兆である
まちがえることは、快感である
成功とは、どの方向に向いて歩いているかである
財布が軽くても、敗北者ではない

第2章から
心の食物が、習慣、行動、性格を決める
他人に意見を求めるときは、達成した人に求めよ
恐れと悩みは、感情の無駄遣い
過ちをおかすよりもおかさないことを恐れる

第3章から
[なれる]と[なる]の違いを理解する
すべての逆境にはそれ以上のチャンスがある
障害はあなたを阻むものではなく、導くものである

第4章から(ここは項目では内容がよくわからないところが結構あるのでそれは省きます。)
気分を聞かれたら「最高だよ」と言う
愚痴を言う人たちから遠ざかろう

第5章から
批判されるのは成長している証だ
あなたは、他人ではなく自分に嘘をついている
斧を使うには、研ぐ時間がいる

第6章から
直感に耳を傾ける
[普通ではない]アイデアを採用する
言い訳を論理づけしない
必要なものはすべて、手の届くところにある

第7章から
歩きつづけるだけでいい
あなたが[発した]ものは、戻ってくる
成功するために生まれてきた

タイトルだけでも、ホッとしたり、前向きになれたりしませんか?
読みやすい本ですので、疲れているとき、落ち込んでいるとき、前向きになりたいときなどに手にとってみられるといいかもしれませんね。

|

« 「最強の勉強法-究極の鉄則編」 吉田たかよし著 | トップページ | 今日は更新できないかも。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/8488551

この記事へのトラックバック一覧です: 「あなたに奇跡を起こすやさしい100の方法」コリン・ターナー著:

« 「最強の勉強法-究極の鉄則編」 吉田たかよし著 | トップページ | 今日は更新できないかも。 »