« 皆様にお願い。 | トップページ | 「天才の創りかた」 川島隆太著 »

2006年2月27日 (月)

「ききみみずきん」

先週の日曜日、本屋さんを覗きに行ったら、ひとつの棚にずらっと、なんだか昔懐かしい挿絵の民話本が。

「ききみみずきん」 ワンダー民話館 世界文化社

評価 ★★★☆

もともと、教室に子どもに貸し出しするために本を置いています。
子どもが好きらしい怪傑ゾロリシリーズとかは1冊もありません。あくまでも私の勝手な判断で子どもの頃読んで面白かったものや、子ども達に読んでみてほしいもの、もし読んでくれたら勉強になるものなどを置いています。

ただ、何しろ小さな教室ですので、本を置けるスペースも限られていて、何か方法がないかなぁと思いながらもこれまで我慢しているのは絵本。
気になるものは沢山あるものの、サイズ的に今の本棚には収まらず、かといって新たな本棚を置くスペースもちょっと悩むところで。。。

しかし、嬉しいことに幼稚園の子達が少しですが増えて、今ある本では少し難しくて読めるものも限られているしと気になっていました。

童話や昔話は、最近では極めて今っぽいイラストで1冊300円台ぐらいから売られているようですが、どうもイラストの雰囲気が好きになれず、買えずにいたところ、このシリーズが目に留まりました。

どうやらつい最近出版されたところのようです。
手頃なお値段。懐かしい感じの挿絵。ひらがなで書かれていてお話も単純。子どもに読んでもらいたいというより先に、自分がもう一度読んでみたいと思いました。

とりあえず5冊購入。(それも若干マイナーなもの中心に。。。)
まずは「ききみみずきん」を読んでみました。忘れるものですねぇ。確かにそんなお話だったなぁと懐かしく思いました。
読むのにかかる時間は5分もないかもしれません。今の子達がこの本に興味を持ってくれるのかどうかわかりませんが、私は結構気に入りました。

日本の昔話って、なんだかホッと和みますね。

|

« 皆様にお願い。 | トップページ | 「天才の創りかた」 川島隆太著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/8778900

この記事へのトラックバック一覧です: 「ききみみずきん」:

« 皆様にお願い。 | トップページ | 「天才の創りかた」 川島隆太著 »