« 「盲点力」 多湖輝著 | トップページ | 「集中力をぐんぐん伸ばすプリント」 児玉光雄著 »

2006年1月27日 (金)

「頭をよくする本」 ピーター・フランクル著

2年前ぐらいに購入したピーター先生のパズル本のご紹介。

「頭をよくする本」 ピーター・フランクル著 WAVE出版

評価 ★★★☆

パズル好きなため、書店でパズル系の本を目にするととりあえず見てみる、面白そうなら買ってみるというお決まりのパターンで、教室を始めて間もない頃に購入しました。

「パズラー」というパズル雑誌で5年間書き続けたコラムをもとに、この本が書かれたようです。
パズルの合間にエッセイが挟み込まれているという構成で、大人で数学系パズルが好きな方には楽しめるものだと思いますが、内容的に子どもには見た目が難しそうに思えるのではと思います。

もちろん、問題によっては子どもでも解けるものもありますし、問題の内容を噛み砕いてあげれば、案外大人より先に解いてしまう子もいるかもしれませんが。

高校受験で、以前なら新学力観という区分になっていたような、規則性や法則を見つけたりする問題が苦手な子にはこの本の問題で頭を鍛えることもできそうではあります。(数学者が作られた問題ですしね。)また、苦手にならないために、小学校高学年や中学1年生ぐらいから徐々にできるものを時間のあるときにやってみるという風にも使えるかもしれません。

実は私も半分も解いていない状態のまま本棚に立ててあるので、時間を見つけてまた解いていきたいと思います。

|

« 「盲点力」 多湖輝著 | トップページ | 「集中力をぐんぐん伸ばすプリント」 児玉光雄著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/8351628

この記事へのトラックバック一覧です: 「頭をよくする本」 ピーター・フランクル著:

« 「盲点力」 多湖輝著 | トップページ | 「集中力をぐんぐん伸ばすプリント」 児玉光雄著 »