« 「小学生の学習クロスワードパズル 1・2・3年生」 | トップページ | 「脳の仕組みと科学的勉強法」 池谷裕二著 »

2006年1月 4日 (水)

「小学生の学習クロスワードパズル 4・5・6年」

いよいよ今日から今年のレッスンもスタートです。
昨日に続いて今日は、高学年版のご紹介です。

楽しくできる!小学生の学習クロスワードパズル4・5・6年生

学習クロスワード研究会著 メイツ出版

評価 ★★★★

2冊まとめてご紹介しようかとも思ったのですが、高学年版は中身が少し高度になっているので、それぞれ別に書かせて頂くことにしました。

高学年版はスタートが7×7マスになっていて、マス自体は最後までその程度のままです。

ただ、こちらが低学年版とかなり違うのは、入れる言葉がかなりレベルアップしていることです。

一番初めの問題でも「日本の文化」と題されていて、歴史などの知識が必要になっています。次は「生き物」「地図」「地形」などと続き、「宇宙」「漁業」「農業」「工業」などと題されているところもあります。

例えば、最初の問題の設問で「東北四大祭りのひとつ。竹や木に紙をはって武者人形などをつくり、まちをねり歩く」というものがあるのですが、大人はすぐにわかるかもしれませんが、小学校低学年であれば、既に調べ学習に繋がるような設問です。

他にも、地図記号を出して、これは何を表す記号かを問うようなものもあり、こちらも知らなければ調べる以外に方法はありません。

更に、「大地」「電気」「環境」「地球」など、理科内容も取り入れており、間々では漢字や計算のクロスワードも入っています。

低学年と比べるとかなり知識も必要になりますし、高度です。
ただ、マスの数が限られているので、うまく興味を持たせることができれば、自分でそれぞれの内容について調べてみようと思う子もいるかもしれません。

また、家庭学習で、このパズルを1日1ページなどと設定し、そのページについてわからなければ調べることができる本などをお家の方が事前に用意しておいてあげるなどされても効果的な学習ができるかもしれませんね。

楽しみながら学習につなげたいという意図であれば、使える1冊ではないかと思います。ただ、お子さんによってはいきなりこれはちょっときびしいという場合もあると思いますので、その場合は低学年用から導入していくと言うこともできるかもしれません。

このぐらいがすらすらできるようなお子さんであれば、大人用に市販されているクロスワードや漢字ナンクロなども初級編などはできるようになるのではないかと思います。

|

« 「小学生の学習クロスワードパズル 1・2・3年生」 | トップページ | 「脳の仕組みと科学的勉強法」 池谷裕二著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/7880181

この記事へのトラックバック一覧です: 「小学生の学習クロスワードパズル 4・5・6年」:

» クロスワードパズル [みんなで一緒にカードゲーム]
クロスワードパズルクロスワードパズル(単にクロスワードとも表記される)は、「カギ」と呼ばれる文章によるヒントを元に、タテヨコに交差したマスに言葉を当てはめてすべての白マスを埋めるパズル。通常、長方形であり、文字の入る白マスと入らない黒マスから成り、白マスにはカギを配置するために数字などが振ってある。...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 3日 (金) 20時21分

« 「小学生の学習クロスワードパズル 1・2・3年生」 | トップページ | 「脳の仕組みと科学的勉強法」 池谷裕二著 »