« 「石井式で漢字力・国語力が驚くほど伸びる」 石井勲著 | トップページ | 「読書へのアニマシオン入門」 有元秀文著 »

2005年12月 7日 (水)

「齋藤孝の勉強のチカラ!」 齋藤孝著

先日に続き、齋藤先生の本のご紹介です。

「齋藤孝の勉強のチカラ!」 齋藤孝著 宝島社

評価 ★★★☆


齋藤先生の著書は次々と書店に並ぶので、当然全てを読んでいる訳ではありませんし、対象とするお子さんも幼児・低学年よりは少し上のお子さん達のように思いますので、多くの著書の中から気になるものだけを読んでいます。

この本は、中高生であれば自分で読むことができるよう意識して書かれているようですので、1つの見出しに対して5ページ程度で内容がまとめられており、文字も大きめで読みやすいとは思います。

ただ、わかりやすくは書いてありますし、著書の中で先生ご自身も「中学生、高校生はもちろん、大人になっても・・・(以下略)」読んでほしいと書いておられるのですが、本を読み慣れていないお子さんだと中学生には少し難しいかもしれません。

また、本の前半は「なぜ勉強するのか」「勉強するとどんないいことがあるのか」そういうテーマが中心で、ここに関しては、勉強しようと思えばできるけど、する意味がわからない。したくない。そんな風に思っているお子さんには参考になるかと思いますが、何から、どうやって勉強したらいいかわからないというようなお子さんの答えにはならないようにも思います。

後半では「教科」の楽しみと学び方と題し、教科ごとにポイントをまとめておられるのですが、あくまでも私の個人的な印象では、頭のいい人の感覚がかなり入っているような気がします。
高校生で平均以上の学力のあるお子さんが今以上に力をつけたいというのであれば参考になる。そんな印象です。

その後の章では勉強の技とコツと題して先生との付き合い方や参考書などの選び方などが紹介され、終章では「教養」について先生のお考えをまとめておられます。

全般に、中学生というよりは高校生で大学受験を意識しているような方には参考になる1冊ではないかと思います。

|

« 「石井式で漢字力・国語力が驚くほど伸びる」 石井勲著 | トップページ | 「読書へのアニマシオン入門」 有元秀文著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/7443765

この記事へのトラックバック一覧です: 「齋藤孝の勉強のチカラ!」 齋藤孝著:

« 「石井式で漢字力・国語力が驚くほど伸びる」 石井勲著 | トップページ | 「読書へのアニマシオン入門」 有元秀文著 »