« 「これ一冊で必ず国語読解力がつく本」後藤武士著 | トップページ | 「子どもを幸福にする愛 辛くする愛」加藤諦三著 »

2005年12月23日 (金)

「読むチカラ」 齋藤孝著

昨日に引き続き、国語読解関連の著書のご紹介です。

「東大国語」入試問題で鍛える! 齋藤孝の 読むチカラ」 

齋藤孝著 宝島社

評価 ★★★☆

以前に齋藤先生の著書をご紹介したときにも書きましたが、先生のご本で紹介される内容はある程度以上の学力、読解力などがある方にオススメという印象はこの本でも同じです。
まあ、もちろん、この本に関してはタイトルからして、ある程度レベルが高いことは予想がつかれると思いますが。

内容は高校生以上社会人までを対象に書かれているように思います。
1章では、例を交えながら、実社会での「読むチカラ」の重要性について述べておられ、2章では東大の入試問題について、どのような観点から出題されているか、どんな人間をほしがっているかなどをまとめておられます。

そして、3章では問題を解くときのポイント、4章では実際の東大入試過去問の現代文を取り上げて、その考え方および解説がまとめられています。

東大を目指していて、読解力を更に伸ばしたいという方や社会人で読む力を高めたい方には参考になるかと思いますが、東大の問題に特化して書いておられるため、他の明らかに傾向の違う大学志望の方には参考にならないかもしれません。(もちろん、内容でためになることはありますが。)

私自身は、小中学生の子ども達の読解力を伸ばす方法を探していて読んだ中の1冊でしたので、そういう目的で読むにはあまりオススメは致しません。

大人の方が読み物として読んだり、高校生の指導などをされている方が読んだりするには、内容もしっかりしていますし、そんな視点があるのかなど発見もあるかとも思いますので、参考になる1冊だとは思います。

ちなみに、sachi先生が随分以前にこの本のご紹介文を書かれていました。
とても具体的で素晴らしい紹介です。この本にご興味のある方は是非ご参考になさってください。
sachi先生の「読むチカラ」の紹介文はこちら。
http://sachinet.livedoor.biz/archives/26584062.html

|

« 「これ一冊で必ず国語読解力がつく本」後藤武士著 | トップページ | 「子どもを幸福にする愛 辛くする愛」加藤諦三著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/7586066

この記事へのトラックバック一覧です: 「読むチカラ」 齋藤孝著:

» にほんごであそぼに気をつけろ! [銅の錬金術師のお金研究所]
NHK教育テレビで毎日放送されている「にほんごであそぼ」が気になります。 おそらく番組を企画・監修している「声に出して読みたい日本語」で有名な 明治大学教授 齋藤孝氏(東大出身)とその思想を下敷きにした番組作りに よるものと思います。 見てればわかるのですが、この番組の基本姿勢は 「日本国の正当な支配者たる東大を卒業したNHKの人々が、日本語の乱れた 臣民どもに”正しい日本語”の教えを下げ渡す。」 と読み取れます�... [続きを読む]

受信: 2006年1月14日 (土) 13時28分

« 「これ一冊で必ず国語読解力がつく本」後藤武士著 | トップページ | 「子どもを幸福にする愛 辛くする愛」加藤諦三著 »