« 「最強最後の学習法」 後藤武士著 | トップページ | 「新・絶対学力」 糸山泰造著 »

2005年11月18日 (金)

「絶対学力」 糸山泰造著

本日2冊目は教室を立ち上げて間もない頃に読み、大いに共感することの多かった本のご紹介。
糸山先生については他にも著書やサイトなどをご紹介したいと思っています。お楽しみに。

絶対学力―「9歳の壁」をどう突破していくか? 

糸山泰造著 文春ネスコ

評価 ★★★★★

帯に書かれていること。
「9歳の壁」を乗り越えられないと高学年で学力不振に!!」
「塾の講師に指導方法を教える立場にあったカリスマ講師が提案する「考える力」の育て方!」

私が幼児・低学年教育に拘っている理由のひとつに、「9歳の壁」という考え方があります。最近ではドラゴン桜などでもそれに関して(直接9歳と言っていた訳ではありませんが)の話題が取り上げられていたかと思います。

幼児はある時期まで抽象的思考ができない。また、幼児期に間違った学習を強いると後々に大きく悪影響が出る。
一般には「頭が柔らかい」などと表現されることが多いように思いますが、確かに幼児の頭は柔軟です。何でも吸収していきます。だからこそ、間違った教育を受け続けると、それに順応してしまう怖さがあるのです。

糸山先生は第1章で、子供のある症状を「満点落ちこぼれ現象」と呼んでおられます。それは何かというと、低学年期には満点ばかりをとっていた子が高学年になると明白な原因がないのに急に「分からない」と言い出す状態をさしており、その症状をきたす原因として、低学年期に深い学習(←深く考える学習の意味だと思われます)を怠り、表面的理解しかしてこなかったことを挙げておられます。

そして、低学年期に速さを追及して反復学習させることの恐ろしさについても具体的に述べておられます。(このことに関しては、プリント反復学習を経たお子さんに対して違和感を感じておられる塾の先生方は多いようですが。)

速さを追求すると考えなくなる。それは大人でも確かにそうです。例えばすごいスピードで電卓をたたいている時にはひとつひとつの数字の意味など考えていません。どうすれば簡単に計算できるかな?などという工夫が入り込む余地も全くありません。
それと同じことを頭の柔らかい幼児・低学年期にさせることの怖さをこの本を読むことで一人でも多くの大人の方に感じて頂きたいと思っています。

また、やってはいけない家庭学習ワースト10を挙げておられたり、子育てや家庭学習のヒント、中学受験対策などについても述べておられます。

私はずっと公立の学校で、中学受験には縁がありませんでしたが、週に4日も5日もお弁当まで持って塾に行き、夜遅く電車で帰宅している小学生の姿を見るたびに違和感を覚えていました。

高校受験でさえそこまで大変な思いをした覚えがない私としては、灘や開成、ラサールなどといった超難関校はともかく、その他の私立中学に入るためにそこまでの勉強が本当に必要なのだろうかという思いがずっと心に引っかかっていたのです。

ですが、この本を読んでかなりすっきりしました。私が感じていた違和感はある意味正しかったのだと。ごく一部のお子さんを除いて、多くのお子さんたちが塾の作戦(?)に乗せられ、する必要のないところまでの講習や授業を取らされているのだと。

もちろんこれは私の感じ方でしかありませんので、中学受験はそんなに甘くないのよ!というご意見もおありでしょう。それでも、そんな方にこそ一度はお読み頂きたい1冊ではないかと思っています。

|

« 「最強最後の学習法」 後藤武士著 | トップページ | 「新・絶対学力」 糸山泰造著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/7185551

この記事へのトラックバック一覧です: 「絶対学力」 糸山泰造著:

« 「最強最後の学習法」 後藤武士著 | トップページ | 「新・絶対学力」 糸山泰造著 »