« 「お母さん、もっとおしえて!」と「お母さんは勉強を教えないで」 | トップページ | 「絶対学力」 糸山泰造著 »

2005年11月18日 (金)

「最強最後の学習法」 後藤武士著

今回は少し対象年齢が上の本をご紹介します。
(中学生以上であれば自分で読んで直接参考にするといいと思いますが、小学生は保護者の方が読んで参考にされるという感じになるかと思います。((但し、国語が苦手な中学生だと少し読みこなすのは辛いかもしれません。ただ、そういうお子さんにも大いに参考になることが書かれていますので、その場合は保護者の方が読んでみてください。)))

「最短期間で成績を上げる 最強最後の学習法」後藤武士著 宝島社

評価 高学年以上、主に中学生には★★★★☆

この方もまた、ご自分で塾を経営されておられるそうです。素晴らしい先生は殆どが塾にいるということなのか、学校の先生はお忙しくて出版などというところまで手が回らないのかはわかりませんが、これまで私が手にした本の中で強く感銘や影響を受けたものは殆どが塾や学習教室を主宰されている方のものだったような気がします。

さて、少し話が反れましたが、本題へ。
この本では主に中学受験生以上のお子さんを対象とした学習法の紹介がされています。

私としては結構参考になったことや、へぇ~、そうかと感心したこともありましたので、オススメの1冊ではあります。(今回は幼児には参考になりづらいかと思いますが。)

短期間で国語力をつける方法やノートの活用法、効果的な学習法や暗記法、予定表の作り方などが順を追って紹介されています。

中でも国語力をつけるという章では、読解がかなり苦手な子にも効果があるのではと思える学習法から、順に高度な学習法へと紹介されており、私としては読解が苦手な子には初級レベルとして挙げられているこの方法は、実際に家庭学習などでも使えるのではないかと思っています。

また、何を今更?と思いがちなノートの取り方、活用法なども確かにこれは有効かもと思うことがまとめられており、その他、実際の学習に無理なく生かせるものが色々紹介されています。

費用がかかるとか、準備が大変とかになるとつい尻込みしてしまいがちですが、全般に割と気軽に取り入れられることが多いように思います。

著書の最後には著者がこれまで受けた数千件の相談の中から重要だと思われるものを取り上げ、回答を紹介してあります。ここは塾や教材を選ぶ際の保護者の参考になりそうです。

中学受験を考えておられるご家庭や中学生には役に立つ1冊ではないでしょうか。

|

« 「お母さん、もっとおしえて!」と「お母さんは勉強を教えないで」 | トップページ | 「絶対学力」 糸山泰造著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/7184905

この記事へのトラックバック一覧です: 「最強最後の学習法」 後藤武士著:

« 「お母さん、もっとおしえて!」と「お母さんは勉強を教えないで」 | トップページ | 「絶対学力」 糸山泰造著 »