« 「小3までに育てたい算数脳」高濱正伸著 | トップページ | 「子どもを伸ばす「眠り」の力」 神山潤監修 »

2005年11月21日 (月)

「テレビに子育てをまかせていませんか?」 コモ編集部

今回は教育というよりは、タイトル通り「子育て」に関する本をご紹介します。
もともと、ゲーム脳などという言葉が使われるようになったり、子供たちの特異な犯罪が起きると、テレビなどの仮想を現実と区別できなくなっているのではというようなことが言われたりするようになっていました。そんなとき、たまたま書店でこの本を見かけ、気になったので読んでみました。

「ドキッ!?テレビに子育てをまかせていませんか?」

コモ編集部 主婦の友社

評価 ★★★★★ (乳幼児を持つ保護者の方には是非オススメします。)

今回の本は私が好きか嫌いかというよりは、純粋に乳幼児をお持ちの保護者の方には読んで頂きたいという意味での★★★★★です。
もちろん、テレビが子供にどんな影響を与えるかを知ることができれば、この本でなくても構わないと思いますが、読書が億劫な方でも比較的読みやすくまとめられていますので、その意味でもオススメです。(コモ編集部がまとめたものでもあり、主婦の友社の出版でもありますから、特にお母さん方には読みやすいのではと。)

この本では、まずメディアが子供たちにどのような変化を与えたかを挙げ、幼い頃からテレビやビデオ漬けになることで起こるさまざまな弊害を紹介しています。また、外遊びが奪われた原因のひとつとしてもメディアを挙げています。
3章では、実際に9家族が6日間「ノーメディアチャレンジ」をした実践報告が紹介されており、普通の家族がメディアなしの生活を体験することで感じたことなどがまとめられています。親も含めてノーメディアに挑戦するというのは、現代社会においては相当難しいことですが、敢えてそれにチャレンジすることで気づくこと、発見することが色々とあったようです。

また、この本は単に実践報告だけでなく、日本小児科学会からの提言などもなされており、乳幼児期にメディアを長時間視聴させることの危険、悪影響を紹介すると共に、具体的にどんなことを心がけていくべきかを挙げています。

とにかく、子育ては想像以上に大変で、テレビやビデオを見せておくと大人しくしておいてくれるからとついつい幼い頃から長時間見せてしまう親御さんも少なくないようですが、どんな影響があるのかを知った上で上手に活用して頂きたいと思います。

大切なお子さんの健やかな発達のためにも、是非一度お読み頂きたい1冊です。

|

« 「小3までに育てたい算数脳」高濱正伸著 | トップページ | 「子どもを伸ばす「眠り」の力」 神山潤監修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/7249013

この記事へのトラックバック一覧です: 「テレビに子育てをまかせていませんか?」 コモ編集部:

« 「小3までに育てたい算数脳」高濱正伸著 | トップページ | 「子どもを伸ばす「眠り」の力」 神山潤監修 »