« 「太陽の子」・「親にしか出来ない幸せ英才教育『旬教育』のススメ」 | トップページ | 「話を聞かない男、地図が読めない女」 »

2005年11月26日 (土)

「1日10分 算数が得意になる本」 岸本裕史著

大ベテラン、岸本先生の著書をまず1冊ご紹介します。

1日10分算数が得意になる本―算数ぎらいな子でもすぐに90点前後とれます」 岸本裕史著 二見書房

評価 ★★★★

岸本先生は神戸市のお生まれで、1990年まで40年以上にわたり、神戸市の小学校で先生をしておられた方です。

私がまだ塾に勤めていた頃、岸本先生の著書や教材は色々参考にさせて頂くことが多かったので、これからさかのぼって何冊かご紹介していくことになるかと思います。

今回ご紹介する本は、岸本先生の著書の中では比較的新しい方に入るのではないかと思いますが、私は確か今年出版されて間もない頃に手に取ったのではないかと思います。

表紙をめくるとこんな言葉が書かれています。(以下青字部分引用)

小学生に長時間の勉強はかえって有害です!
 1日10分だけ、子供と一緒に本書の方法を楽しんでください。算数ができるようになるだけでなく、やる気・根気・集中力がついて、自然とテレビやゲームから離れていき、ほんとに子どもらしいすてきな子ども、自信と誇りをもった子どもになることをお約束します。
 ただし、絶対に1日10分以上はやらないでください。


さすがに、開いたすぐの場所なので、インパクトのある表現ですが、内容は至って読みやすく、具体的で、ご家庭でこの本を参考に実践できるようになっています。

そもそも、100マスといえば陰(←本来はこの字ではないのですが)山先生というようになってしまっていますが、私の記憶にある限り、もともとは岸本先生の教材に早くから出ていたように思います。(実際、本書でも100マスが取り上げられています。)その他に、10回足し算や10回引き算、九九の覚え方や躓く子の多い割り算の取り組み方など、学校の算数については確かにこれをきちんと実践すれば十分、タイトルの通り「90点前後」は取れるようになるだろうなという内容です。

また、10分でやめなければならないと強調しておられるのは、私が読み落としているのでなければ、子どもの集中力や、付いて指導する保護者の負担の面でのように思うのですが、100マスなどの単純計算も一定期間、1日10分程度でやめるのであれば、弊害はないかもしれないと思っています。(特に高学年以上であれば10分程度であれば問題ないのではと思います。)

全体のうち前半3分の2程度は四則計算について書かれており、こちらは本当に基礎となる計算力をしっかり身につけるための指導になっていますので、個人的には低学年には絶対に度を越した長時間の指導はしないでほしいと願うばかりです。

しかし、後半3分の1ほどは、分数計算を折り紙で考える方法であるとか、ピックの定理というものでいびつな面積を求める方法(もちろん学校では学習しません)を紹介されていたり、面積・重さ・嵩は日常で体感することが大切だと述べておられたりして、私はこの後半部分はご家庭で参考にして頂くとよいのではないかと思いました。

もちろん、全般を通して、長年のご経験から生み出してこられた教材や指導法をご紹介しておられるので、効果はあると思いますし、ご家庭で、算数や数学があまり得意ではないという方でも実践しやすいものになっていると思います。

岸本先生は基本的に「できない子どもをなくす」ということを重視してこられた先生のように思いますので、例えば、既に学年が進んで算数に苦手意識を持ってしまっているような小学生への指導と考えると十分効果があると思いますし、できなかった子が学校の算数ができるようになればもちろんそれはとても幸せなことだと思います。ただ、既に算数が得意なお子さんには物足りない内容かもしれません。

算数が苦手な小学生の保護者の方、3、4年生以上の保護者の方に参考になるのではと思う1冊です。(岸本先生は素晴らしい先生だと思っていますし、低学年でも参考になることはもちろん色々書かれているのですが、熱心な方がついつい先のことをと低学年に機械的計算を反復させてしまわれてはとの不安があるため、あくまで個人的な判断で、私は低学年の保護者の方にはお勧め致しません。)

|

« 「太陽の子」・「親にしか出来ない幸せ英才教育『旬教育』のススメ」 | トップページ | 「話を聞かない男、地図が読めない女」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/7299192

この記事へのトラックバック一覧です: 「1日10分 算数が得意になる本」 岸本裕史著:

« 「太陽の子」・「親にしか出来ない幸せ英才教育『旬教育』のススメ」 | トップページ | 「話を聞かない男、地図が読めない女」 »