2019年4月23日 (火)

かなりびっくり。

1年生から来てくれている新2年生さん。
当初、積み木をお手本に合うように置くような問題で、絶対それはそこには合わないよ…と思うものを合わせてみたり、合わなかったのに何度も何度も同じものを置いてみたり、その他にも、どうやらこの子は空間認知の能力に関しては「持って生まれたもの」は私のように乏しいタイプのようだなと感じることがしばしばありました。

更にはハサミを使って何かを切るとか、そもそも、小さい子達は結構楽しく取り組んでくれることが多い工作や折り紙の類も全く興味がないようで、実際にハサミを使ってみてもらうと、かなり危なっかしく、また線もガタガタになったりと、興味があるかどうかはともかく、早いうちから働きかけた方がいいと思いますとお母さまにお話ししてきました。

自分から進んではやりそうにないのでということで、通常の宿題とは別に、折り紙の本からいくつか宿題を出したり、積み木合わせなども積極的に取り組んでもらうようお願いしたところ、初めはぐちゃぐちゃな仕上がりだった工作などのハサミの線がスパッと美しくなってきたり、折り目などもだんだんと整ってきたり、色板や積み木を置くような課題でも、あり得ないものを置こうとすることが減ってきたりと、すぐに変化は見え始めました。

そして、最近では工作が楽しくなってきたようだというお話を伺ったり、レッスン中も答えに自信がなくてこちらをチラチラ見てきたり、探りを入れるようなことを言ってきたりということがなくなったり、いい傾向だなと思っていたのですが、今日のレッスンで、長方形、正方形、直角三角形、直角二等辺三角形の4つを並べて形を作ったという図を見て、どこにどの形を置いたか、線で区切るというものがありました。

その問題をした子達は図形が苦手な子は1問目から苦戦するような子もいましたし、比較的得意な子でも3問目だけはちょっと迷う子もいたりというような問題で、以前のその子なら少なくとも3問目はかなり手こずるだろうと思われました。
しかし、問題の意味を説明すると、形の大きさのバランスがおかしかったのを最初に直してもらった以外(それも答えとしては合っていました。)あっという間に3連続正解したのです。

え?こんなに進化したの!?と正直ちょっとびっくりしました。
やはり、小さいうちは変わるのは速いですね。もちろん、お伝えして、それを素直に聞き入れてくださり、積極的におうちで取り組んでくださったお母さまと、嫌々でもやり続けてくれたその子のがんばりのお蔭ですが。

| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

平成も残り僅か

気づけば、平成も残り僅かとなりました。
その昔、まだ幼かった頃に祖母が大正生まれだというのを聞いて、すごく長い間生きているんだなぁという気持ちになりましたが、これで3時代を生きることはほぼ確定し、今回は譲位という形で新しい時代が始まるということになったので、この先それに倣うことがあるのであれば、4時代を生きる可能性も0ではないのかもしれません。

しかし、平成の終わりは何かと納得のいかないこと、悲しい事件なども続いていますので、新しい時代が素晴らしいものになるといいですね。
教室を始めた頃、子どもたちがみんな平成生まれだ!!と思い、近年は保護者の方の中にも平成生まれの方がおられる可能性も出てきていましたが、令和生まれの子ども達が通ってきてくれるまで、無事に教室が続けられているといいなと思います。

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

オフ

今日は更新お休みします。

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

笑顔にメロメロ(笑)

4月から一緒にレッスンをさせてもらっている年長さん。
時間が合わず、数か月待ってもらっていたこともあり、初めからやる気に満ち溢れていて、とても一所懸命です。
何をするのも真剣で、でもニコニコ楽しそうで、見ているだけで幸せな気持ちになります。

多くの子があまり好きではない課題の点つなぎは、好きではないのはわかっていても、大事なのでがんばって取り組んでもらうよう促すことも少なくないのですが、そのため、きちんとかけたら1つでいいよとか、3つのうち好きな2つやってねなどと、少しでも気持ちの負担を減らすことが多いのですが、その子にもどれか2つしてねと伝えて始めてもらいました。

まだ慣れていないこともあって何度も消して書き直したり、どう書けばいいかわからず「わかんない」と助けを求めてきたりしていたので、こういうパターンはほぼ例外なく、やるのを嫌がったり、悪戦苦闘してどうにかこうにか1つ仕上げてもらうというようなことになるものですから、1つできたらもうしたくないというかもしれないなと思っていました。

それなのに、1つ完成したところで、ためらいがちにその子が言ったのは「…これ、全部する」で、やる気に満ちている今の段階では、プリントは全部きちんと完成させたいという気持ちの方が、難しい、嫌だという気持ちに勝るんだなと(もちろんこれはかなり個人差があると思いますし、そういうふうに思える子は多くはないのではと思いますが。)感心しました。

とにかく、何かができるたび、嬉しそうにニコニコして、その子を見ていると、学ぶことってこんなにも楽しいんだなと感じます。
あの笑顔は後から思い出しても思わず私まで笑顔になってしまうほど。この笑顔を少しでも長く見ていられるよう、楽しいレッスンを提供できたらいいなと思います。

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

色々気づく

これまでずっと使ってきていた教材の販売が終了となり、それ以前から自作で教材を作ってきていたのですが、使っていた教材がカバーしていた範囲はひと通り作り終えた辺りから教材作成のペースがかなり落ちています。
それでも、5年生になってもワークブックよりプリントがいいと言い続けている子がいるお蔭で、その先も少しずつではありますが作り進んでいます。

これまでも自分で作るということになって初めて気づいたこと、意識したこと、疑問を持ったことなどが色々ありましたが、今回は「倍数」について問題を作ろうとしたときに、あれ?倍数って正の数のときだけいうんだっけ?と、極めて初歩的な疑問が湧きました。

というのも、「倍数を求めなさい」というような表現は記憶にある限り小学校でしか出てこず、-4は2の倍数なのかどうかというあたりを習った記憶がありませんし、独立前から数えるともう人生の半分近くは子どもと一緒に算数や数学をしてきているのに、問題を解く際、そういう問題に出合ったことがありませんから、恐らく世の多くの中高生は機会がなければ特に意識もせぬまま通り過ぎ、大人になっても考えることがないのではないかと。

問題を作る際、算数では教えなくても、数学では必要になる約束事など、どこまで取り入れるか、どこまで説明するかなども難しいポイントですが、数学では間違いになる、嘘になるというようなことを教えるのはやはり躊躇われます。

そういうところを算数の教科書などではどうしているのかな?とこれまでにも色々調べたこともあります。
例えば、図形の学習で直方体や立方体を学習する際、図の部分を指して「この平らなところを面といいます」のような説明がされたりするのですが、直方体や立方体であれば、確かに平らな部分が面ですが、面が平らなわけではありません。円柱の側面や球の表面など、曲面も面なわけですが、では、面をどう説明するか、定義を調べると、小学生に理解させるにはなかなかに難しそうで、となると、色々な立体の図について、これも面、これも面…と面というのが何を指すのか理解してもらうなどするのが、算数の段階では嘘のない理解のさせ方なのかなと思います。

で、話は倍数に戻りますが、そういえば0ってある意味全ての数の倍数なのでは?さらには0は小学校で習うし、0のかけ算も習うということは、負の数はともかく、全ての数の倍数に「0」を入れないといけないのでは?と。
そこでまた調べてみたところ、これまたどの教科書でもどうやらそのあたりは誤魔化しているということがわかりました。

なぜなのかもう少し調べたところ、0を倍数に含めると、約分などの際ややこしくなるからというようなことを見たのですが、そもそも、分数で分子や分母が0になるものは扱いませんから、小学生の段階では曖昧にするより、0は全ての整数の倍数ではあるけれど、算数では習わない0より小さい数にも倍数はあるので、算数では0より大きい倍数について学ぶと断る方がすっきりするのではないかと、個人的には思いました。(特に、算数が好きな子、能力が高い子などは、そこに疑問を持って調べ、なぜ0は入れないのかと引っかかる場合もあるかもしれませんし。)

しかし、こうして問題を作る側になって初めて、受け身で習ったことは本当にそれ以上に調べて深めていこうとはなかなか思わないものだなと感じます。だからこそ、子ども自身が気づき、学び取る機会は本当に大切にしたいとも思います。

 

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

ゆっくりだけど着実に。

年長の途中から一緒にレッスンをさせてもらっている新1年生さんのひとりは、年長さんの間は実質半分ぐらいお休みされたような感じで、何回か空くとまたおさらいからになってしまったり、算数に関してはゆっくりじっくりのタイプなのかなという印象もあるお子さんだったりということで、進度的には今後もお休みが多いと学校の進度と変わらなくなってしまうのではと、少し心配もしていました。

年長さんで来てくれたときに、比較的簡単な点つなぎでもかなり抵抗を示していたのですが、まだ年長の段階で嫌になってしまう方が怖かったので、それもゆっくりペースで進めていたため、1年生になったので、そちらももう少ししっかり取り組んでもらう必要があるなとも思っていました。
前回のレッスンでも点つなぎはまだかなり抵抗がある様子で、どうにか1つは完成したので、残りはおうちでやってみてもらうことにしたため、今回はどうなるか少し不安でしたが、がんばって取り組んでくれたのか、前回よりは少しスムーズにできたように感じました。
そして、10までの足す・引くも、以前は指で数えようとすることが多かったのですが、「7は5の上にいくつある?」というように尋ねると、頭に何か思い浮かべる様子を見せてから、「2個!」などと答えられるようになり、例えば7-4のような問題は、上に2個あるので、それを取ってからあと何個取るか尋ねると、ゆっくりながらもやはり何かを思い浮かべる様子を見せながら、「あと2個!」というような感じで答えてくれるようになりました。

しっかりイメージできたときには明らかに表情が「ぴか~ん」と音が出そうな明るい表情になって、ああ、ちゃんとわかっているんだなと見ていて嬉しくなりました。
そして、今の段階で頭でイメージできるようになってきているのはとても嬉しいことです。
たとえゆっくりでも、自分できちんとイメージできれば、算数を嫌いになることはないのではないかと思いますし、この調子でだんだんできることが増えて、もしかするとそのうち算数を好きになってくれるかもしれません。

今は私も焦らずゆっくりその子の様子を見ていきたいと思います。

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

不思議な1日

今年度なぜか最もびっしりレッスンが詰まっている水曜日。人数的には火曜や土曜と変わらないものの、時間延長の子が複数いたり、発達上の困難を持つお子さんがいたりと、なかなか濃いレッスンが続く日なのですが、なんとか時間割を組むために、レッスン開始が15時50分からで、次に来る子達は17時、17時10分、18時15分、18時30分、その中に75分のレッスンの子や90分のレッスンの子が複数含まれているというややっこしいタイムテーブルになってしまいました。

で、15時50分に来る予定のうちひとりは15時10分過ぎに来たらもう下で待っていて、もうひとりも15時25分に登場。
今日はみんな早いねぇと言いながらレッスンを始めると、17時の子は16時半に、17時10分の子は16時50分頃に、18時15分の子は17時半頃に、18時30分の子は18時20分にと、なぜか軒並みみんな時間を繰り上げてやってきました!

もちろん、多少早いぐらいは驚かないのですが、普段は時間に少し遅れてくる子も何人かいるのに、今日は全員が見事に時間より早く、それも、普段遅れてくる子ほど早く来る度合いが大きくて、なんだか不思議な1日でした。

少し前から一緒にレッスンをさせてもらっている、障害の影響で実際の学年より5学年ほど遅れて学習をしている子と、どうにか2桁同士の足し算、引き算だけは筆算で機械的に処理をするのではなく、意味を理解してできるようになってほしいと、何週にも渡って取り組んでもらっていた100までの足す引くで、今日初めて、その子の頭にイメージが浮かんだのを感じられた瞬間がありました。

もちろん、そのことで一気に変わるとまでは思っていませんが、全くイメージできておらず、いくら物を見せたり絵を見せたりしながら言葉をかけても、指で数えたり、筆算で答えだけ出そうとしたりし続けていた子に初めて私が言っている意味が伝わり、その子が頭で思い浮かべて答えを返してくれる瞬間は心震える瞬間でもありました。

 

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

ようやく

春休みが終わり、新学期が始まって1週間。新1年生などにとってはまだ数日学校に行っただけではありますが、こちらのレッスンもイレギュラーが減り、ようやく少し落ち着きました。
そうはいっても、新しい組合せでのレッスンもいくつかあり、それぞれの子達がそれに慣れてくれるまでにはもう少し時間がかかりそうです。

今日はこれまではそれぞれがマンツーマンでレッスンをしていた新1年生さんと新2年生さんが初めて一緒にレッスンをしたのですが、新1年生さんは予想通り、ほかにお子さんがいた方がよりがんばってくれそうな印象で、新2年生さんも相手が自分より年下の子なので、多分甘え心が出にくくなるのではと。
その子たちにとってもマンツーマンの時よりいいレッスンになるといいなと思います。

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

オフでした。

月曜にレッスンがない日は、色々事務仕事や教材作りをしようとか、家の片付けなど気になっていることをしようとか思うのですが、気づけばダラダラして終わってしまうことが多々あり、そのたび自己嫌悪に陥る悪循環を繰り返しておりますが、今日も結局そんな感じの休日になってしまいました…。
子どもがおうちで宿題が捗らない気持ちが痛いほどよくわかります。
おうちで宿題をするには、家もしくは学校で褒めてもらえる、もしくは、しなければペナルティーがあるなど、何かポジティブであれネガティブであれ、原動力?になるものがないと、自分が好きな教科以外はなかなかやる気にならなくても無理はないなぁと。

私の場合、ひとり暮らしの上に、個人事業主で、外的なプレッシャーなり励ましなりが得難い環境なので、非常に悩ましいところです。
まあ、本当にしないとマズい!というところまで先延ばしすれば、最終的にはするので(特に仕事に関することは)まあいいのかもしれませんが…。(汗)

というわけで、明日からまたがんばります。
今週もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

オフ

今日は更新お休みします。

| | コメント (0)

«えらいな~。