2020年4月 8日 (水)

お知らせお送りしました

今日はまだ私の考えがまとまっていなかったため、個別にご連絡を差し上げて、2人だけ別々にレッスンさせてもらいました。
神戸市の対応方針を読む限り、想像よりかなりマイルドな表現しかされていない印象で、教室として該当するとすれば、「生活の維持に必要な場合を除き、みだりに家から外出しないこと」だけではないかと。
生活の維持には必要ではないと思いますが、週1回の外出は「みだり」とは言えないようにも思い、一層判断に迷いました。
そのため、ご連絡が遅くなった上に、申し訳ないほどの長文メールを差し上げることになってしまいましたが、どうぞお許しください。

基本的には5月6日までお休みして頂こうと思っています。
その他のご提案につきましてはメールをご確認ください。

皆さまのお返事を頂いてから、必要であれば個別にご連絡差し上げますので、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

緊急事態宣言

レッスンの後、教室のパソコンで記者会見を見ていましたが、具体的な措置については各都道府県での判断になるのだと思います。(そもそも、会見を聞いている限り、「外出自粛『要請』」の表現のままで、これまでと何がどう変わるのかよく分かりませんでしたが…。)
医師をしている友人の昨日の話では、医療機関などが必要な物資を集めるために有効な宣言で、一般の人はこれまでと特に何も変わらないとのことでしたが、正にそういうことなのでしょうか。

東京都では自粛要請の中に学習塾も入っているようですが、兵庫県については休業要請として具体的に挙げられているわけではないようです。(リンク先が兵庫県の発表の全文です。社会教育施設「等」という表現で、教室も自粛要請に含まれているのだろうと思われますが、「開館する場合は」という但し書きがあります。)

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk03/0407coronataisyohoushin.html

これまで以上の外出自粛をということなのだろうとは思いますし、市内、区内でも感染者の報告があがってきていることを見ると、自転車を含む徒歩圏の方、お車での送迎をして頂ける方以外はまずお休みして頂こうと思っています。
今後のレッスンをどうするか、お休みさせて頂く場合はどういう形でなら学習を継続してもらえるかも含め、なるべく明日中にご連絡差し上げたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

再検討

3月の休校が決まったとき、ひとまず私が元気な間は教室は開けますが、お休みして頂いて構いませんということでご判断を各ご家庭にお願いしました。
明日にでも緊急事態宣言が兵庫県にも出されるようですので、その発表を踏まえ、当面教室をどうするかも含め再検討しなくてはいけないと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

オフ

神戸市の休校がどうなるのか、いよいよ緊急事態宣言が出されそうだけど、兵庫はどうなるのか、そもそも感染拡大はどうすればおさえこめるのか、気の休まらない日が続きますね。

皆様どうぞお気をつけて。

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

子ども達もストレスでしょうか…。

昨日、急に体に湿疹のようなものが出たのでお医者に連れて行くとのことでお休みされたお子さんは、一時的なものでお薬をもらって治まったそうなのですが、今日またぶり返したとのことで、今日への振替はできず、元々今日のレッスンの予定だったお子さんのひとりは、元気だったのに急に嘔吐して休んでいるとのことでお休みに。

大人の私達は、この状況の中で色々なことを考え、心配し、かなりのストレスを感じているのは間違いありませんが、きっと子ども達にも結構なストレスがかかっているのだろうと思います。
長期のお休みとはいえ、自由に外に出かけられるわけではなく、お友だちの遊ぶにも気を遣ったり、学校からの課題もほとんどないとなれば、生活サイクルも乱れがちという子も少なからずいるだろうと思います。

頭が働いていないと感じる子達は結構いますが、気持ちの面でもやはり影響がありそうですね…。
感染を広げないためにできることをしながら、子ども達にとっても「日常」が1日も早く戻ることを祈らずにはいられません。

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

休校延長

神戸市は6日まで発表がないようですが、東京、大阪や兵庫県などは既に休校期間の延長が発表されたようですね。
神戸市でも私学などでは既に発表になっているところもあるようですし、今の状況から見ると、休校解除は学校側の負担、保護者の負担が一層大きくなるのではないかという心配も否めません。
その一方で、日々の課題などもないままに休校だけが延びていくことにも大きな不安を感じています。

私自身、機械全般に疎く、テレビ電話の類も数えるぐらいしか使ったことがないので、もし私がもっとそういうことに長けていたら、教室まで来ることは躊躇うものの、レッスンは受けたいというご希望のご家庭に何らかの形で対応できるのではないかともどかしく思っていますが、さすがに公的な教育機関は早急にそれらの対策を取る必要があるのではないかと思います。

特に、現状だと全国的に見て、休校解除になる高校と延長になる高校があった場合、大学入試の時期が移動することは今のところないでしょうから、授業が受けられずに1~2ヶ月を過ごす子達と、授業が受けられる子達との差ができるのは気になりますし、こういう場合、経済的な余裕がないご家庭のお子さんほど大きな影響を受けることになるのだろうと思います。

塾や予備校に行く余裕がない子達にとって、更なる教育格差ができてしまわないようなんとか対応を考えるのは、行政がすべきことなのだろうと思います。(それはもちろん、小中学生にとっても言えることですが。)

神戸市がどういう選択をするのかわかりませんが、医療崩壊は絶対に避けねばなりませんから、在宅で課題に取り組める環境を早急に整えて、休校を延長するのが本来望ましい選択なのだろうと思います。もしそういうことができれば、平時も病気で長期のお休みをしなくてはいけない子や、ななかの理由で学校に行けずにいる学びたい子達を救うこともできるのではないかと思うので、これをいい機会だととらえて、国や地方自治体が真剣に考えてくれたらいいのにと思います。

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

日々迷っています。

このところ、毎日、教室をしていていいのか自問自答を繰り返しています。
もちろん、休校期間はお休みされる方はお休みしてくださいとご案内していますし、休まれる分はお月謝も頂かないこともお伝えしていますので、来てくださっている皆さんが無理をされているわけではないとは思うのですが、「プロとして仕事をしているので気を付けていた」という酒井高徳選手が感染されたことで(知り合いではありませんが、サッカー好きで色々な選手の情報などを見聞きしているので、酒井選手はそういうことは絶対きちんと気を配っていると思うので…)一層不安も膨らんでいます。

こんな葛藤をしながら教室を開けるのであれば、いっそ一定期間お休みにしてしまう方が気が楽なようにも思えるのですが、休校期間が長くなり、これまでよくできていた子達でさえも、一体どうした?というぐらい頭が働いていなかったり、できていたことができなくなったりしている姿を少なからず見るようになって、これでうちまでお休みになってしまったら、本当にどうなってしまうのかという不安もあり、一斉にお休みする決断が未だにできずにおります。

ですが、何より大事なのはお子さん達の健康、命なのは間違いありません。
私としても出勤前には体温を測り、何か体調に異変を感じないか意識し、外出は本当に必要最低限に留め、小さい子達に対して表情が見えないのはどうかと思って躊躇っていたマスクも、万が一自分が感染して無症状という場合を考えて、先日からレッスン中もマスクをしています。
それでもやはり、自分から移してしまう可能性が0ではないかもしれない状況に不安がないといえば嘘になります。

神戸市の休校措置が解除になるのかどうか、その判断を待っているところもありますが、予定を変更する場合はまたご連絡差し上げます。
ですが、お子さんのことを第一にお考え頂いて、お休みされる場合はおうちで取り組んでもらえる課題を用意したり、通信添削のような形で週1回何らかの形でこちらにやったものを届けて頂き、添削して返却する、もしくは、オンラインで説明するなどのこともできないだろうかと考えてもおりますので、必要であればご遠慮なくご相談ください。

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

新年度スタートしました

今日から新年度のレッスンがスタートしました。
ギリギリのお知らせになりましたが、なんとか年度末までに新年度のレッスンの時間を皆さまにお知らせし、ご了解を頂けました。
ありがとうございます。

昨年度もそうだったのですが、今年度も木曜はご希望が少なく、水曜、土曜はご希望が多く、少し心配していましたが、皆さまのご理解、ご協力のお蔭でうまく組むことができました。

新たにレッスンをさせて頂くお子さんも何人かおられますので、私自身レッスンのペースがつかめるまで少しばたつくこともあるかもしれませんが、今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年3月31日 (火)

今年度終了しました。

年度末の今日は、言わなければ気づかれないかもしれないものの、結構手間のかかる模様替え?をし、必要な方へのご連絡などを差し上げ、新年度の教材の確認をし、他にも色々したかったことはあるのですが、23時前になったので終了しました。

今年度は年度末に思いもかけないことが起こり、目下その状況は日に日に深刻になっていますが、それでも、保護者の皆さま、子ども達のお蔭でこの1年もいい1年でした。
ありがとうございました。

新年度の幕開けは例年とは同じようにはいかないかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
何より、皆さまくれぐれもご自愛のほど。

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

よろしくご確認ください。

大変お待たせしましたが、本日、全ての保護者の方に新年度のレッスンのお時間をご案内いたしました。
既にご確認頂き、返信を頂いた方、ありがとうございました。
お忙しいとは存じますが、皆さまよろしくご確認のほどお願いいたします。

皆さまのご希望を優先し、恐らく皆さま第1希望、もしくは第2希望でお取りできたはずなのですが、もしもご都合のつかないお時間になっているなどの手違いがございましたら、お手数ですが至急お知らせください。

また、ひとまず新年度のお時間をご案内しておりますが、今後の情勢次第では教室をお休みにさせて頂くこともあるかもしれません。
その際はまたご連絡させて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

«申し訳ありません…。