2020年8月 7日 (金)

嬉しすぎて

普段本人が電話をかけてくることはない子から、お昼に突然電話がかかってきました。
電話の向こうが少し騒がしく、しゃべっている本人の声が涙声のような気もしたのですが、ざわざわしているので勘違いかな、どうしたのかな?と思っていると、今日成績表をもらってきたと切り出されました。

その子は先日のブログにも書いた、今回の期末試験の数学(幾何内容)でその子にとってはかなり好成績を取った子なのですが、涙声に聞こえたもので、そのテストはよかったものの、代数範囲はやや微妙だったはずだし、休みがちだったりで、思ったほど成績に反映されなかったショックで泣いているのかな?と不安になりかけた次の瞬間、「数学11位でした!」との言葉が。

その子は国語はかなりよくできるようなので、あくまでも数学だけの話ですが、中1のときは最下位争いに近いぐらいの順位にいたことも珍しくありませんでした。中学受験をしたのに、学校で習ったはずの算数すら結構あやしかったその子が、ほんの1年ほどでそんな嬉しい方向をしてくれるとは、それを聞いた瞬間思わず涙が溢れてきました。

私自身は、テストの点数や順位などで子どもを評価する気はほぼないので、点数がよくても悪くても、本人がそれでよければいいのではと思っているところもありますし、電話をくれたその子が平均点に届かなかったテストを持ってきても、それまでのその子より向上が見られれば、そのがんばりを褒め、喜んでいましたので、「11位」だったことが嬉しいというより、努力するようになったその子のこれまでのがんばりが結果につながったことがただただ嬉しく、電話を切った後にも少し泣いてしまいました。

この子にしろ、別の中学生達にしろ、本人の気持ち、姿勢が変わることが何より大きいということを、このところ改めて何度も感じています。

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

長さの学習で

算数が苦手な子の多くは、時計や長さ、重さなど、目盛りが関わってくるようなもの全般に苦労することが少なくないように思います。
もちろん、算数が苦手な子の多くは数量感覚が身に付きづらかったりするので、目盛りも1つずつ数えようとすることが多く、その場合、目盛りが細かいと数え間違いをしたり、数える数が多くなるとやはり間違えたりしてしまうということが、苦手につながっているのだとは思うのですが、それとは別に、目盛りが細かいことも、より難しさを感じさせる原因なのではないかという気もしています。

以前、ある先生が書いておられたのを見て、目からうろこが落ちたことがあるのですが、例えば、同じ問題でも大きな文字で余白たっぷりに書かれている場合と、小さな文字でぎゅっと詰めて書かれている場合だと、前者の方が簡単に思えると。そして、確かにそういう面はあるように思います。
小さな文字だと読むこと自体にも多少集中力などを必要としますが、大きな文字であれば読むことのハードルは下がります。時計でも、腕時計のような小さな文字盤を読むのは大変でも、大きな掛け時計などの目盛りは読みやすいはずです。

時計などは図の文字盤を大きくして見せることは可能ですが、長さの場合、目盛りを拡大してしまうと長さが変わってしまうので、これまでいいアイデアが浮かばずに来ていましたが、長さの学習で苦戦している子に、試しに定規を拡大コピーして、本物の定規と一緒に見せて、拡大した方でどの場所がどんな長さかしっかり理解できた後で本物の定規に戻すという方法を取ってみることにしました。
すると、本物の定規だけでやっていたときより少し反応がよくなり、少し理解が進んだような印象を受けました。

まだ1回だけなので、次回も様子を見るつもりですが、それで効果があれば、長さが苦手な子の導入段階ではそういう方法も使えるかなと思ったりしています。(ただ、小さい子達はまだ抽象思考ができなかったり、置き換えて考えることができなかったりする場合もあるので、拡大コピーした定規と本物の定規が結び付けられるかどうかがひとつのポイントになるとは思っていますが。)

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

かなり嬉しい

中1の中間考査の後、これはちょっと…という結果で教室に来てくれることになった子は、元々国語は得意だけど算数は苦手だったとのことで、答案を見てもちょっとびっくりするような答えがあったり、その後一緒にレッスンをするようになってからも、本当に中学受験したの?と思わず言ってしまうぐらい、普通に小学校で習うようなこともあやしいところがあったりという状態でした。

しばらくの間は、苦手だ、できなくてもいいというような感じで、働きかけてもじっくり考えようとはなかなかしてくれず、ほかに興味があることが色々あり過ぎて、教室に来てもらっている意味はあるんだろうか…と少し悩んだ時期もありました。

しかし、いつ頃からか、その子なりにがんばって学んでいるようだなと感じられるようになってきて、レッスンをしていても、取り組み方が随分真剣に、そして自分でしっかり考えて理解しようという姿勢が見えるようになってきていました。

そして、今回中2の1学期末。テストの平均点がかなり低かったので、点数だけ見るといい点ではなかったかもしれませんが、そもそも当初はとにかく苦手だった幾何の内容の方の試験で、偏差値60を超える結果を出してくれました。
答案にも先生が「よく勉強しました」と書いてくれていたぐらいですから、本当にがんばったと思います。それも、今回は穴埋めではなく、1から全て書く図形の証明問題が大半だったというのに、それで偏差値60越え(それも私立中学で)は素晴らしい結果です。(中1の1学期には垂直二等分線の作図すらあり得ないようなことをしていた子ですから…。)

中学生でも本人がやる気になれば1年も経たずに結構変わるんだなと、この子や別の中学生達を見ていて、嬉しいことだなと思っています。

| | コメント (0)

2020年8月 4日 (火)

5555

昨日のブログで5555投稿になったようです。
いつまで書き続けられるか、そのうち、これまでずっと使い続けているココログのサービス提供が終了するのではないかという気もしないではありませんが、続けられるところまで続けてみようかと思います。

それにしても、一気に真夏の暑さになり、長雨の後のこの急激な暑さに参りますね。
今日は変更などイレギュラーもありましたが、学校もお休みになったので、元気な子が多かった気がします。むしろ、体力が有り余っていて元気過ぎる子もいましたが。(笑)

中1の秋から来てくれている中3さんは、当初、頭はいいのに、とにかく考えるのを面倒がって、やり方を覚えてその通りに解けばいい、解ければ何でもいいという状態からなかなか抜け出してくれず、ここに来てもらう意味はあるんだろうかと結構悩んだりもしていたのですが、そんな子もどうやら少しずつ変化してくれていたようで、最近は理解できなかったところは質問してきてくれるようになり、更には説明していても、納得いくまできちんと聞こうともしてくれて、本来持っていた力がより伸びてきているように感じられることがとても嬉しいです。

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

暑かったですね…。

今日もレッスンはお休みでしたが、梅雨が明けて、今日は本当に暑かったですね…。
いよいよこの暑さが続くのかと思うと、マスクは本当に辛いですね…。
しかし、教室では換気のため、窓は締め切らないようにしているので、レッスン中の水分補給など、子ども達に積極的に声をかけていくようにしなくてはと思います。

今日のニュースでは、飛び込みの日本代表のベテラン選手の感染や、神戸の議員さんの感染が報じられていましたが、何をどこまで気をつけたらいいのか、さすがにあまりに長い期間続いているだけに、ついつい緩んでしまいそうになるのが心配です…。

さて、短い夏休みではありますが、一部の私立の子達を除いてはみんな夏休みに入りました。
レッスンとしては今夏は通常通りの時間割のままでお願いすることになっていますが、みんなが元気に夏を乗り切ってくれることを祈るばかりです。

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

オフ

今日は更新お休みします。

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

個人差

子ども達を見ていると、やはり個人差、能力差というのはあるんだなと感じることがよくあります。
ひとりひとり、好き嫌いや得意不得意が異なるのは普通だと思いますが、生まれながらに音感がいい子や運動神経がいい子がいるのと同じように、IQの高い子というのもいるのだろうと思います。

それぞれの子が持って生まれた能力をどう伸ばすか、どう高めていくかという部分に関しては、その後の働きかけなどが重要になってくるのだと思いますが、持って生まれたものに元々「差」があるというのはひとつの事実でしょう。

私は教室では主に算数しか見ていないので、算数を通して、物の見方、考え方を育んでもらえたらと思っていますが、それでも、あっという間に自分で気づいて理解してしまう子もいれば、一所懸命がんばっていることはよくわかるのになかなか理解が伴わない子もいます。
前者の子にはその子の力を十分発揮できるよう、邪魔をしないよう気をつければいいのですが、後者の子に対して、自分が何かもっとできることはないだろうかと、それは長年思い続けています。

算数が苦手な子でも、じっくり考えることが苦にならなかったり、試行錯誤することができるような子は人生を歩んでいく上で大切な力は持っているともいえるのではと思うので、そこに関しては譲ることなく、じっくり子ども達と向き合っていきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

7月最終日

今年が始まって既に7か月、新年度が始まってからも4か月が過ぎてしまいました。
ただ、そのうちおよそ3か月は子ども達は休校。気持ちの休まらないまま新年度がスタートし、5月に一旦沈静化したかに見えたものの、ここに来て感染が急拡大していますね…。
この様子だと真夏になれば感染が抑制されるということもなさそうですし、夏休み明けが心配になります…。

子ども達にとっても本来ならたくさん楽しいことがある、色々な経験ができる夏休みが、かなり短くなった上に、プールや海なども制限され、旅行などに行くにも色々と気を遣わねばならず、本当に気の毒に思います。
ある意味では一生に一度経験することがあるかどうかの1年になるのかもしれませんが、教室の子ども達もご家族も皆さんも感染することなく過ごせますようにと祈る気持ちです。

| | コメント (0)

2020年7月30日 (木)

変な天気

今日はお昼過ぎまでとてもいいお天気だったので、出勤前に洗濯物を外に干して出ようとしたのですが、出勤前に空がかなり曇ってきていて、雨雲レーダーを確認するとひと雨来るかもという感じだったもので、取り込んで出勤しました。

すると、予感は的中し、出勤してしばらくすると雨がぽつぽつ落ち始め、この時間のレッスンの子は学童から歩いてくるはずだけど、大丈夫かなと思っていたところ、全く大丈夫じゃなく、正に土砂降りのタイミングに傘もなく、歩いて教室に向かっていたようで、ドアを開けて「せんせ~」とか細い声を出したその子は見事にずぶ濡れ。
風邪を引く気温ではないのが不幸中の幸いではありましたが、タオルを渡し、こういうときのために念のため買い置きしてある着替えのハーフパンツに着替えてもらい、どうにかレッスンを始めました。

お蔭で、最近のゲリラ豪雨的な天候を考えると、もう少しサイズを広く買い置きしておかないといけないなと気づかせてもらえましたが、その子にも、最近の天気を考えると、出かけるときにはお天気の日でも折り畳みの傘を持っている方がいいかもと伝えました。
小さい子だと折り畳みの傘はうまく使えない子もいるかもしれませんので、100均などの手軽な雨合羽などをカバンに入れて、お子さんにも伝えておくといいかもしれませんね。

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

なんだか嬉しくなるな

少し前から一緒にレッスンをさせてもらっている年長さんは、少しはここでのレッスンにも慣れてきてくれたのか、楽しそうな表情を見せてくれることが増えてきました。
今日のレッスンでは、▢+5=12とか、7+▢=14というような問題もしてもらったのですが、こちらが説明しなくてもきちんと思い浮かべながら考えている様子で、7+▢=14の問題を考えているときに「えっと、3個と4個だから…」というのが聞こえました。

その言葉は正に頭の中に教具が思い浮んでいて、7を10にするにはあと3個、その上に4個あれば14になるとイメージしたのだろうと思います。

また、15−▢=8や▢ー6=9というような問題も、何も言わなくても何かを思いうかべて考えているのがひしひしと伝わってきた後、前に▢がある問題に対して、私は一切何も言っていないのに、「これはここ(引く数)とここ(答え)を足したらいいんだね」と言って、こちらが驚かされました。

少し前はちょっと難しそうな問題が出てくると身構えたり、悲しい顔で「賢くなる?」と尋ねてきたりしていたのですが、このところ、それがかなり和らいできたように思います。
この調子で持っている力をどんどん発揮していってくれるといいなぁ。

| | コメント (0)

«ちゃんと前進してるんだな